PIETRA REGINA

序章終了にあたっての第4,5話~色々補足やらこれまでのあらすじやら~

 ←なにこれ →Ⅴ La corona di una regina
さて、えらく間が空きましたがやっとこさ連載更新です
お次は第五話、ここからが本編ということなのでやたら張り切った結果がこの様である
まさか前回から三か月以上も空くとは思わなんだ…泣

と、言うことで
以前から「世界観説明がほしい」「現地に行ったことが無い人にはわかりにくい舞台設定かも」「主人公達の動向がよくわくわんない」等々の声をうけ、なんか説明機会がいるなとは思っていたので
ちょいとこれを機にこれまでのあらすじと人物紹介と舞台説明とをやってみようと思います

んじゃ追記へどうぞ↓


ではさっそく、まずは舞台説明から

ジョン・ダグラス-イタリアの地図[1]
地図は借り物です
なんかフリー素材でググったら出てきたのでそのまま使わせていただいています

ヴェネチア
芸術と平和に育てられた水上都市。世界でも唯一海の上での街づくりに成功しているが、少ない土地に観光客が日毎大量に押し寄せるため少々人口過多である。観光・芸術に特化した都市であるため、最近マクドが土産物屋に駆逐された。
フィオレとミソノが通う芸大があり、二人はその外れのほうに下宿している。
話はこの街から、フィオレが運河に石を落してしまうところから始まる。

ナポリ
太陽に愛された夢が本当になる街。もとい冗談も本気になる街。元は地中海一美しい港町として讃えられていたらしいが、現在はマのつく自由業(NOT魔王)のおかげでえらいことになっている。だがそれより地元のおばちゃんの方が強いことは内緒である。
フィオレとロミオの故郷。フィオレの帰省の際、少々仕事手伝いながら何日か滞在する。横っちょの海でロミオが暴れる。

ミラノ
学術・商業の発展した石畳の街。主人公達がナポリからヴェネチアへ電車で帰る際の中継地点として立ち寄る予定。その際の距離はナポリから8時間、ヴェネチアまで2時間くらいだったはず。異論は認める。経済的に発展している半面、ブランド店街には金のある観光客が集まるためそれを狙った犯罪が後を絶たない。

ローマ
古代の面影を残す遺跡の街。これまでの話には特に関係がない。主人公達には電車で素通りされた。ジェラート屋の数が半端ない。冬でも営業。街猫企画絶賛活動中。老魔法王の根城がある。やれやれだぜ。

他、この地図には載ってないけど
神戸
異文化が交錯する港町。ミソノの故郷。輪道寺カンパニーとヴェガ商会との連帯が判明した3話にて、ここからナポリ経由で物品(主に麻酔ケット)を仕入れることが可能になった。つまりミソノ用ゲートオブバビロン。字の意味が妙にあってるところが怖い。黄昏の園はバビロンの宝物庫だったのか。

などがあります
まあ関係都市はまだ増えそうな気がするから、章が変わるごとにこうして説明を加えていきます
ほんでもって1~4話の大まかなあらすじをば

Ⅰ rosso pietra
フィオレがヴィルの頭に石を落としたらビビられて、ナポリへの帰省を控えた翌日のために帰路を急いでいると白鳥の騎士の手下に絡まれます。そして現れた噂の怪盗・白鳥の騎士の正体は白スーツの変態でした。いきなり出てきて日8バリに変身シーンを見せつけた後ひたすら語って急遽帰った白鳥に茫然とするフィオレとミソノ。しかしこれはこれから起こる騒動の前兆でしかなかったのだ。んで、そのあと再び戻った白鳥の騎士は、陰から見ていたヴィルを協同戦線に誘うも「お前と一緒には戦いたくない」と言われてしまいます。当たり前だ馬鹿様。

Ⅱ Casa unifamiliare
故郷であるナポリに帰ってきたフィオレとひっついてきたミソノ。そして早々地元のチンピラをしばき倒す羽目に陥るも、そこに助けに入ったのはディアス兄ちゃんでした。そして登場早々に黒幕の濡れ衣を着せられるヴィル。しかし帰宅後、ディアスはロミオから二刀スリッパによる奇襲をうけてマミってしまったのでした。で、なんやかんやで晩飯を外食することになり港のバールに向うも、そこではまたヴィルがなんか巻き込まれてました。

Ⅲ WORLD'S END NAPOLITAN TORNADO
巻き込まれたヴィルを救出すべくロミオがフィオレを人質にとってジョジョ立ちをする助さん格さん黄門様を出し抜こうとしたらそれを真に受けたヴィルがラスターカノンを炸裂させそしたら店の窓ガラスが全壊して兄妹が脱走し下っ端がこんな時どんな顔すればいいかわかんないと言い始め笑えばいいと思うよとディアスが返しそしたら狙撃されたゴミ箱の中のやさぐれみかんが転がってHANDA製原チャが疾走しヴィルが鉄人でキレたフィオレがロミオを成敗したらしんでしまうとはなさけないということでディアスの車が爆発し原チャが4人までしか乗れなかったのでヴィルを置いてそのまま帰りました。

Ⅳ Zaffiro del Mar Tirreno
地元の海でのお仕事中、滞在期間バイトするヒロインズ、そこにロミオに恨みを持つ水上暴走族が駆逐しようとしてくるが逆にいぇーがーします。と、その前に、ロミオもフィオレと同じく石を持っていたことが発覚。これは何かの巡り合わせか、ともかく前回バイバイしてしまったヴィルを探し出して話を聞く必要がありそうだという結論に至った一行。とりあえずヴェネチアの下宿に戻る際にロミオをパーティメンバーに加え、再会を図るべく北への列車に乗り込むのでした。

そして物語は本編へ―
ではお楽しみください
以下は補足程度の人物紹介です

フィオレ
…この物語のヒロイン。ウェヒヒヒヒ。
ミソノ
…第二のヒロイン。腐女子かつ厨二。
ロミオ
…金玉のついたヒロイン。ツンデレへタレ。
ヴィル
…何かと不憫。全身武器。
白鳥の騎士
…世間で噂になっている怪盗。色んな意味で重力に逆らって生きている。bksm。
アリエル
…白鳥の助手という名の優秀なツッコミ。彼の事は馬鹿様若様と呼ぶ。
ディアス
…ナポリで商会を営む兄妹の兄貴分。主人公達にひでんマシン1を渡した
ジーク
…ヴィルの電話越しで受話器を壊した人。   
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png PIETRA REGINA
もくじ  3kaku_s_L.png 黄昏シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png junk
もくじ  3kaku_s_L.png 創作メモ
もくじ  3kaku_s_L.png ポケモンネタ
もくじ  3kaku_s_L.png もらいもの
  • 【なにこれ】へ
  • 【Ⅴ La corona di una regina】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【なにこれ】へ
  • 【Ⅴ La corona di una regina】へ